スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯広「ビート資料館」DAHON Boardwalk D7で行く

明日、池田町で早朝より仕事があり前泊で帯広に泊まることに。
せっかくだから早めに帯広入りして市内を散歩することに。
今回はDAHON Boardwalk D7を持っていく。
移動はバス「ポテトライナー」。
DSC07985.jpg
帯広到着。昼食は駅で名物の「豚丼」をいただく。
それにしても暑い。30℃ある。
DSC07986.jpg
今日は月曜日なので休館しているところも多いのだが、日本甜菜製糖株式会社(日甜)の「ビート資料館」は開館しているとのことなので、そこへ向かう。
帯広駅から南へ約4㎞。途中イオンなどへ寄り道しながら40分くらいで到着。
DSC07999.jpg
立派な建物。300円の入場料を支払い見学。見学者は私一人。受付の方が丁寧に案内をしてくれる。
DSC07993.jpg
てん菜から砂糖ができるまで、とても勉強になった。
帰りは、てん菜の輸送を目的に大正9年に開通した十勝鉄道で活躍していた機関車が保存されているを見にトテッポ通りという遊歩道へ寄って宿泊のホテルへ戻った。
DSC08003.jpg
スポンサーサイト

釧路~帯広~札幌

出張で釧路へ。
行きは、取引先の方の車へ同乗させていただき輪行。
仕事が終わって、翌日9:00に宿泊していたホテルで出発準備。
輪行スタイルはこんな感じ。
DSC07711.jpg
輪講袋の中は
DSC07712.jpg

釧路駅を9:40に出発。
DSC07716.jpg

国道38号を帯広へ向かう。
JR白糠駅で小休止。11:10。
DSC07717.jpg

直別から道道1038に入る。12:15。
JR直別駅(無人駅)で小休止。
DSC07722.jpg
この先は海岸にそって走る。
DSC07724.jpg

釧路を出発してから、気温が低く、体が温まらない。何℃なんだろう?
霧雨状態が続き、ウィンドブレーカーにも滴が。

当初の予定では、トンネルを避ける意味で厚内をそのまま過ぎていくつもりだったが、根室本線に沿ったかたちで国道38号に合流。
トンネルを二つ抜けて浦幌へ。

釧路~浦幌トリップ

浦幌では少し遅い昼食をとる。14:00。DSC07728.jpg

浦幌を14:30ころ出発。国道38号に戻り帯広へ向かう。

浦幌~帯広トリップ

幕別あたりから、交通量が増えてきた。

帯広駅に無事到着16:50。
DSC07729.jpg

輪行準備をして。コンビニに晩飯を買に。
18:15発のポテトライナーに乗り札幌へ帰る。
いつもはどうなのかわからないけれど、今日は乗客が多くバス2台での運行。
DSC07731.jpg

大谷地ターミナルには定刻より10分ほど早く到着。
雨が降っていたらタクシーで帰ろうと思ったが、自転車を組み立てて帰ることにした。
若干風が強かったが、20分で帰宅。

釧路~帯広 走行距離 約130㎞ 平均速度 23.9㎞/h 走行時間 約5時間30分

JR「知床斜里」駅到着!

DSC00248.jpg
15:15に知床斜里駅に到着!
30分前くらいから雨がポツポツ降ってきたけれど、本降りにはならずにすんだ。
駅は新しく、とってもキレイ。観光案内ブースが併設してあった。
ただ、知床斜里駅といっても知床まで約40㎞もあるけど。
自転車を輪行準備して、列車の出発時刻16:28まで休憩。
DSC00251.jpg
列車は一両編成。ワンマンカー。
これに乗って網走まで行き、網走から特急オホーツク8号で帰札。
DSC00252.jpg
オホーツク8号には特に荷物置き場がないので、デッキに自転車を置く。
網走では自転車一台だったのが、旭川あたりで様子を見に行くと連結部分のデッキに6台もあった。

天候にもまずまず恵まれ、初自転車知床峠も無事走り切り、自宅へ着いたのは23:00頃であった。



「知床峠」 頂上到着!

スタート地点でも道路わきには残雪があったが、道路は全行程路面乾燥しているようだ。
DSC00220.jpg
羅臼岳
DSC00227.jpg
風も無く、途中汗ばむくらい。
DSC00228.jpg
DSC00229.jpg
スタートから約1時間半、11:30に頂上へ到着。走行距離は14.47㎞。ここまでのトリップはhttp://www.cateyeatlas.com/trip/detail/653100/DSC00235.jpg

それでは行きますか。

ちょいと二日酔い気味ながら、8時に朝食を済ませて9時過ぎには準備完了。10:00に宿をスタート。
気になる天候もマズマズ。思っていたよりも暖かい。雨の心配もないようだ。
会合で使用した資料類やお土産、着替え等はスーツケースに入れて宅急便で事務所へ送ったので、ドイターのバックパックを背負っての出発。
DSC00219.jpg
プロフィール

toman

Author:toman
6年ほど前から始めた自転車通勤。スタートしてから3カ月で6キログラムの減量をしたのを始め気分も爽快、すっかりはっまってしまいました。現在、ここ札幌で春夏秋冬、1年中自転車に乗っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。